実際に使ってみたホームホワイトニングとおすすめジェル

私は今まで歯科医院で施術してもらうホワイトニングと、ホームホワイトニングの両方を経験しています。
そして現在は、ホームホワイトニングのみです。
かなり個人差があると思いますので、参考程度にお願いいたします。


歯科医院でのホワイトニング

まず歯科医院で施術したホワイトニングは、めちゃくちゃ痛かった!
これに尽きます。笑

歯科衛生士さんからは下記メリットを推され(商売だから当然か?)
・ホームホワイトニングより1回ですぐに効果を期待できる
・毎日継続しなくて良い
・白さもこちらの方が明るく白くなる

これらを聞き、じゃあ歯科医院でやってもらおうと決めました。

やってみると痛い、痛い。。。
しみるんですよね…
事前に痛みが心配なことを伝えていたので、痛くなったらすぐに教えて下さい、と言われてはいたものの、開始してすぐ痛みを感じるという…
でも決して安くはないし、我慢…我慢…。とても辛い時間でした。

しかも運の悪いことに、歯科衛生士さんのミスで薬液が顎辺りの皮膚に付いてしまっていたんですね。
歯とは別に痛みを感じる…すごくヒリヒリする…。
すぐに拭き取ってくれていましたが、施術後鏡で確認すると水疱ができてました。
その点に関しては曖昧に濁され、ホワイトニング自体の痛みとこの対応の悪さで、ここの歯科医院とはこれっきり。通うことをやめました。
確かに少し明るく白くなったのは実感できたんですけどね…。

ホームホワイトニングへ切り替え

上記経緯により、歯科医院でのホワイトニングはもう絶対しないと決め、ホームホワイトニングへ切り替え。
あの痛みは、自分には耐えられないです。
しかも皮膚に付くと、水疱ができるなんてそんなに強力な薬剤なんだ…とちょっと怖くなったのもあり…。

新しい歯科医院で、ホームホワイトニング用のマウスピースを作成し、ジェルを処方してもらいました。
その時、使っていたジェルは「opalescence」の一番濃度が低いものです。
歯のホワイトニングについて 

でもこれも痛い!しみる!笑
歯科医院でやってもらった程ではないけど痛い、、無理…。
となり、相談すると、
マウスピースにそれぞれの歯の部分に2㎜程付けて、夜間装着してみるようにと。
*公式HP記載の使用方法とは違います。

うーーん、、、それでも痛い。
寝ている間は気にならないんですが、日中ジンジンと痛みがあり、しみるんです。
そして、どんどん付ける量が減っていく…。
歯科衛生士さんからは、ジェルが全然減らないことに驚かれ、これだけ敏感な人は珍しいようでした。
それでも正直私はこの痛みが嫌で、続けるのはしんどかったです。

そこで、このジェルを使い切ると、もう一旦ホワイトニングは終わり。

芸能人のような真っ白ではないけれど、自分としては満足の白さ。
これで十分でした。周りからも歯が綺麗だね。と言われるほどに。

でも、毎日飲むコーヒーや、カレー好きの私、歯質もあると思いますが、半年もするとまたくすんできます。
でもあのジェルはつらいし、どうしたものか…。

色々調べて、新しいジェルを試してみることにしました。
今回は受診をせず、完全に個人の責任で購入し、使用したんです。

個人的におすすめのホワイトニングジェル

そこで出会ったホワイトニングジェルが「松風ハイライト シェードアップ」です。

こちらも、歯科衛生士さんから提案された使用方法(公式HPとは異なる)で使用してみました。
すると、痛みがゼロとまでは言えないものの、ほとんど感じない程度だったんです。
私の場合は、通常量よりもさらに少ない量で、になりますが。

それでも、痛みは気にならないし、たぶん普通より白くなるのに時間はかなりかかっているだろうけれど、ちゃんとトーンアップはしていくので、この使い方で落ち着くことに。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイライト シェードアップ ジェル 1箱2本入 松風
価格:3188円(税込、送料別) (2020/12/1時点)


大切なこと

これはかなり個人差があるんだと思います。
そのため、自分に合った適切な濃度・量を知ることが大切。

これは自分では分からないと思うので、初めてされる方はまずはやっぱり歯科医院へ行かれることをおすすめします。
そこで相談、試行錯誤しながら見つけていくのが一番安全かなと。

ただ、私のように自己責任で、もちろん歯科衛生士さんの助言は頂きましたが、ジェルを変えたり、量を少なくして使用することで、快適に、理想の結果を導くこともできます。
個人的には、松風ハイライトがおすすめです。

歯列矯正をしたくて【インビザライン】をやってみた

おすすめデンタルケア 歯の健康を守るために


1 件のコメント :