神無月の11月でもココだけは神在月 出雲大社へ参拝してきました

出雲大社 拝殿

 旧暦10月である11月は、全国の神様が留守となるため神無月と言いますね。
その八百万の神様がお集まりになる出雲大社がある出雲では「神在月」と言います。

出雲の各神社では「神迎祭」に始まり、「神在祭」、「神等去出祭」と行われるそうです。



出雲大社の神在祭

神々がお集いになる令和二年(2020年)の神在祭は、11月24日夕刻~12月1日夕刻だそうです。
神在祭とは

全国の村々里々にお鎮りの神々が、1年に1度、目には見えない「神事(かみごと)」を司られる「大國主大神」さまがお鎮りになります出雲大社にお集いになられ、人々の“しあわせ”の御縁を結ぶ会議「神議(かみはかり)」がなされる故事に由来

私たちの幸せのご縁を結ぶために、会議をして下さるなんて本当に有難いです。

今年はコロナの影響により、ご案内のみ・見学のみ・数の制限などがあるようです。
今年の神在祭の詳細については、こちらをご覧下さい。

勢溜


神在祭前後の出雲大社御朱印について

参拝したからには頂きたい御朱印。
私もしっかり頂きました。出雲大社内で頂ける御朱印は2つです。

(あるSNS情報によると3つと記載されていたのですが、権禰宜さんに教えて頂いたところ、「出雲大社では2つのみとなります。」とのことでした。おそらく3つと書かれたうちの一つは、出雲大社 北島国造館 出雲教を含めていたのではないかな?と思います。双方の歴史的由来を考慮すると、出雲大社としては1つとまとめてのお考えではないように思います。)
ちなみに、出雲大社 北島国造館 出雲教では通常2つの御朱印に加え、今は神在月限定の御朱印もお受けすることができます。
そして、私事ですが出雲大社内で販売されている御朱印帳のデザインに一目惚れし、人生で初めて御朱印帳を購入致しました。
実は今まで色々な神社やお寺を訪れていたのに、全く興味が沸かず今回から始めました。笑
本当に素敵なデザインです。
まだ持っておらず購入を考えていらっしゃる方はぜひチェックしてみて下さい。

出雲大社の御朱印料は、お気持ちで。
この心持は本当に素敵ですよね。
一般的に300~500円程かと認識していますが、中には1000以上の料金をとる場所もあるので驚きました。

現状やはり考慮しなければならないコロナの影響。
11月21日~12月1日の期間は、新しい御朱印帳への記帳か奉書への朱印となるようです。
詳細はこちら


境内参拝の所要時間は?

出雲大社の境内はとても広いです。
下り参道から銅鳥居まででもけっこう歩きます。
その間にもウサギさんやムスビの御神像などがありますし、社も数多くあるのでゆっくり回れるよう時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

ウサギさん

私は、特に急ぎもせずゆっくり回って2時間弱くらいでした。
平日に行ったので、人は多くなく参拝に並ぶということもほぼありませんでした。
ただ、混雑時を考えるともう少し時間がかかりそうです。

下り参道

境内はとても広く、落ち着いていて、緑に囲まれているのでとても気持ちが良かったです。
本当に心が洗われるようで、お近くにお住まいの方はふらっと来れるのかと思うととても羨ましいです。
銅鳥居から見る拝殿

出雲大社へのアクセス

出雲市駅から電車もバスも約30分程度だったと思います。
運賃は約500~510円。
本数が多いわけではないので、どちらか早く来る方で行けば良いかな。

出雲大社さんのHPで詳細案内を掲示して下さっているのでこちらをご覧ください。




★TIPS
ご存じの通りさくさんお参りする場所がありますので、小銭は多めにご用意されていくことをおすすめします。
また、出雲大社周辺でも電子マネーやクレジットカード未対応のお店もまだありますので、普段より現金を多めに持ち歩いた方が良いかもしれません。


出雲大社近くで食べた出雲そば「田中屋」さんがとっても美味しくておすすめしたい!


出雲大社と併せて行ってほしい拘りのカカオ豆から作るチョコレート、カフェまで「沖野上Blue cacao's」


0 件のコメント :

コメントを投稿